労働者の心の健康を守る「ストレスチェック制度」

ストレスチェック制度ができた背景

近年、勤務時間や仕事の内容、職場の環境などで悩み、精神障害を発病したり自殺に追い込まれたり労災認定される労働者が増加しています。仕事による過剰なストレスが社会問題になっている現代において、労働者の精神面の不調を予防することが重要な課題となっています。このような背景を踏まえて、「労働安全衛生法」の改正により従業員が50人以上の事業所では、「ストレスチェック制度」を実施することが義務付けられました。

ストレスチェック制度の仕組み

ストレスチェックは、ストレスに関する質問を選択回答の質問票に労働者が記入します。本人にその結果を通知してストレスの状況を知ってもらい精神的な不調のリスクを軽減し、事業所においても検査結果が集計、分析されることで職場の環境を改善することに繋がります。検査結果は実施者から本人に直接通知されます。本人の同意がなければ事業者に通知が提供されることはありません。検査の結果、高ストレスと判定された場合は、医師による面接指導が受けることができます。面接指導の結果に基づいて事業主は、必要に応じて就業上の何らかの措置を講じる義務があります。

ストレスチェック制度の注意点

ストレスチェックの結果は本人に通知されるため、事業主が従業員の個別の結果を把握することができません。そのため、個人に対して具体的な対処が難しいという面があります。高ストレスと判定されれば医師の面接指導を受けられますが、希望しなければ受けられないため事業主側も把握できないということになります。そのため、高ストレスと判定された場合は医師の面接指導があることや、受診するメリットなどを事前に周知しておくなどの対策が必要です。

ストレスチェックシステムは企業で仕事を雰囲気よく行えるように社員にストレスに関するアンケートに答えてもらって集計を取るものです。