あなたは知ってる?マーケティングオートメーション

マーケティングオートメーション誕生の背景

マーケティングオートメーションとは、集客や販売促進、顧客管理など人手で行われてきた定型的な業務を自動化する仕組みです。元々はアメリカで誕生したものです。国土の広いアメリカでは都市間を移動するにも飛行機を使うことが多くあります。このような環境もあって、webを使ったマーケティングや、電話やメールなど非訪問で営業を行うインサイドセールスに関する技術が発展してきました。技術が確立されるとともに、ルール化できるような仕事はコンピューターに担ってもらって、人は人にしかできない仕事をしようという考えが生まれました。そして、その結果マーケティングオートメーションが生まれたのです。また、マーケティングオートメーションは日本では2014年から広がりを見せました。

マーケティングオートメーションの特徴とは

マーケティングオートメーションを導入することによって、数値データや名刺情報、そのほか様々なツールのマーケティングデータを一括で管理でき、ツールどうしの連携も行えるようになります。また、営業とマーケティングに関するデータや機能もまとめて管理することができるので、情報共有や施策の実施など連携をスムーズに行うことが可能です。これらのデータを利用して、見込顧客の時間帯や興味事項に合わせたメール配信などの作業も自動化できます。そして、これら情報の収集や分析、発信などを統合的に管理できるのもマーケティングオートメーションの特徴の一つです。ただ、マーケティングオートメーションは費用や導入工数がそれぞれ異なるので、自社のマーケティング状況に合わせたものを選択することが重要です。

マーケティングオートメーションは、企業のマーケティング業務を効率化することを目的にしたソフトウエアになります。顧客の管理やメール配信、スコアリング、フォームなどの機能が一つにまとまっています。