仮想通貨は怪しい?そう思う人へ伝えたいこと

そもそもお金ってどういうもの?

大昔は貝がお金の役割を果たしていた時代もありますが、そもそもお金ってどういうものなのでしょうか?「お金」には「モノ」に対する価値を判断する尺度としての役割があります。また、モノとモノとを交換するための手段、つまり決済を行うために使われます。そして、いつでも必要な時にモノと交換できるように貯めておくことができます。この「お金」としての役割を果たすことができれば「お金」自体は貝や紙、金属でも良いということになり、それはインターネット上の仕組みでも代用することができる、というのが「お金」の新しい考え方になります。

仮想通貨の仕組みとは?

最近では日本でも大手企業などが参入するなど、仮想通貨を使える店も増えつつあります。現在、国によって発行されているお金は、国の経済状況や信頼度によって価値が変動します。ビットコインに代表される仮想通貨は管理機関が存在せず上限が決まっています。そのため、国が破綻してお金としての価値がなくなるというようなことがなく、勝手に発行されることもありません。また、世界共通の通貨であることから為替相場に左右されず、国を超えて送金する際は迅速、かつ格安で送金することが可能です。インターネットの環境さえあれば、いつでも世界中のどこにいても使うことができます。仮想通貨はインターネット上で取引されていますが、その取引は全てブロックチェーンに記録されています。そのブロックチェーンをつなぎ、相互監視することで不正を防止しています。

仮想通貨とは、文字通り物理的には実在しない通貨で、デジタル(コンピュータなど)上で存在している通貨です。