文字の大きさや行間に気を付ける

ホームページを作った時に気を付けたいのは、見逃しがちですが文字の大きさや行間等です。シンプルで落ち着いた雰囲気にしたいからと文字を小さくしてしまうと読みづらくなり、閲覧者も興味を持ちづらくなってしまいます。もちろんブラウザ機能で文字の大きさは個人で変更できますが、元から興味があったり必要な情報がある場合で無いとそこまではしてくれません。また、大きい文字が画面いっぱいに並んでいても読む気が失せてしまいます。文章量に合わせて文字サイズを考える事が大切です。

カラーチョイスに気を付ける

自分でホームページを作るとなると、何もかも自分の思うままにできるので色々と挑戦したくなるかもしれませんが、閲覧者が見やすいカラーリングにする事が大切です。もちろんホームページの印象をしっかりと作りこむ事も大切ですが、黒地に黄色の文字で長文を載せたり白地に淡い文字色を載せてしまっては閲覧者も読みづらくなってしまいます。また文字に限らず目が疲れるような配色では長くとどまりにくくなります。サイトの雰囲気を壊さない程度に、見やすい配色を心がける事も大切です。

画像は重すぎないように気を付ける

インターネット環境もだいぶ良くなってきてはいますが、あまり重すぎる画像をそのまま載せてしまうのは良くありません。1GB以上あるような写真をそのまま、しかもたくさん載せてしまっては画面が重くなります。特に写真やイラストがメインでは無い情報系サイトの場合は閲覧者も画像のためにいつまでも読み込みを待ってはいられません。サイトの内容に合わせて画像の容量はなるべく小さくまとめる事が大切です。

ホームページ制作は専門知識が無くとも出来るようになりました。簡単なマウス操作や掲載したい画像を用意するだけで良いのです。