研修をする場合どのような方向性で行うべきか

新入社員研修で必要なこと

ある程度規模が大きい会社ならば、毎年新入社員が複数入ってきますが、新入社員はその会社に於けるイロハについてほとんど知らない状態です。そこで、研修をすることで一定レベルまで上げることができ将来的な戦力にすることができるでしょう。具体的にどのような内容を行うかといえば、まずは社会人としてのマナーになります。マナーとは、電話対応のマナーや接客のマナーが中心ですが、これらは必ず将来的にその会社にいることで必要になるでしょう。

次に学ぶ内容は、その会社の内部で行われている業務などになります。その会社の内部では、どのような組織になっておりどのような仕事内容があるかを研修の段階で学んでいく必要があるでしょう。

業者に頼むことが必要な場合もある

新人研修を行う場合には、会社内の上司が研修担当者が新人に教育を施すこともできますが、必ずそのやり方が妥当かといえばそうでない場合もあります。この場合には、業者に頼むことでより質の高い研修にすることも可能でしょう。例えば、礼儀やマナーに関しては、外部の業者に依頼をした方が標準的なやり方を教えてくれますので、研修を受ける立場も気付きが多くなります。外部に依頼する場合には、人数や時間数に応じて料金が変わってきますのでその点は業者と相談することで明確になります。基本的に10人から30人程度の小さな会議室でも入るレベルならば1日当たり2万円から3万円ぐらいになります。

業者に頼むよりも自分たちで行った方がよいのは、自分たちの会社について説明する場合です。この場合は、会社の研修担当者らが積極的に行う必要があるでしょう。

社員研修を行う事によって、社員のスキルアップを目指せるので、今よりも良い仕事をしてもらえる事に期待が出来ます。