スマートフォンが業務に使える?飲食店向けアプリの活用方法とは

高機能なハンディとしても使える

飲食店向けのアプリを入れるだけで、スマートフォンがハンディとして活用できます。専用のターミナルを用意する必要がなく、導入のコストを抑えられるのも大きなメリットです。トッピングなどメニューのカスタムにも対応できるので、飲食店のジャンルも問いません。滞在時間の確認といったテーブルごとの管理も行えます。事前にメニューの提供数を登録すれば、残数もリアルタイムでチェックできるシステムです。急な変更があった場合には、手動で売り切れに切り替えることも出来ます。フロアの配膳状況を見ることで、スタッフも適切に配置しやすくなるはずです。予約システムと連携すれば、業務の効率や回転率の向上にもつながるでしょう。

クラウドでデータ管理が行える

アプリの使用データはすべてクラウドへ保存されています。売上の確認やプリンタへのデータ転送も簡単に行えるのが特徴です。キッチンの伝票出力にも対応しており、厨房の規模を問わずあらゆる業態で利用できます。フロアや調理場所に応じて、出力先のプリンターも自由に振り分けられるので便利です。会計システムと連携すれば、分割やテイクアウトなどの処理もスムーズに行えます。操作方法も簡単なので、初めてのスタッフでも迷う心配はありません。スマートフォンの操作に慣れている方なら、すぐに使いこなせるはずです。複数の店舗を登録することで、まとめて管理できるオプションも用意されています。アフターサポートも充実しているので安心です。

パソコンをしのぐ勢いでホームページのアクセスにスマートフォンが利用されています。スマートフォンサイトを作るとアクセスも増えることでしょう。