Webサイトスマートフォン対応する方法と注意点!

スマートフォン対応する方法

Webサイトの作成において、もはやスマートフォン対応は必須となっています。スマートフォンに対応する方法は、レスポンシブルとモバイル用とPC用のサイトを別に作成する方法があります。
レスポンシブルとは、スタイルシートでPCとスマートフォンの表示デザインを変える方法です。サイトの更新が1つでよい利点があります。モバイル用に別サイトを作成する場合は、「.htaccess」の設定で、アクセスされた端末によって、表示するサイトを振り分けます。別サイトを用意する利点は、既存PCサイトのデザインが、スマートフォンに対応するのが困難な場合です。

スマートフォン用サイトのデザインで失敗しがちなミス

スマートフォンのサイトにありがちなデザインは、コンテンツをひたすら一列に並べたデザインです。たしかに、上から順に読む分には読みやすいのですが…。通常、サイトを訪れた人は、サイトをパッと見て興味があるコンテンツを探し出し、拾い読みします。それを上からスクロールするのは面倒で飽きてしまいます。表示する情報を絞る。写真・文章の単調な繰り返しを避けるなどの工夫が必要です。
ハンバーガーメニューと呼ばれる三本線のアイコンをタッチすると、メニューが表示・非表示が切り替えできるようにしているサイトも多く見かけます。このハンバーガーメニューにも注意が必要です。三本線のアイコンがメニューを表していることに誰もが気づくわけではありません。幅広い世代が参照するサイトにする場合は、ハンバーガーメニューを避けるかアイコンに「メニュー」という文字を添えるようにしましょう。デザイン性を重視するためにアイコンを小さくすると、見逃される可能性も高いので、大きめに表示するようにしましょう。

スマートフォンで訪問ユーザーが快適に閲覧できるホームページをスマホサイトと言います。最近では一人に一台と言っても過言ではないくらいスマートフォンを持っているのでスマホサイト制作はとても増えています