スマートフォンのWebサイトの作り方とは?

パソコンとスマートフォンの違い

Webサイトを作る上で閲覧する人の画面に合わせてデザインを変更することが重要です。パソコンとスマートフォンでは画面のサイズがまったく違います。そのためパソコン用にホームページを作ってもスマートフォンで見た場合、文字が小さくて操作しづらくなります。逆にスマートフォン向けにデザインを作っても、パソコンで見た場合は縦に長くなり文字も大きくなってしまいます。今はスマートフォンでWEBサイトを閲覧している人が多くなり、パソコンで見る人は少しずつ減っています。しかしだからといってスマートフォンだけに対応したWebサイトを作るのではなく、パソコンで見ている人のことも考えたWEBデザインが重要です。Webサイトを作るならどちらにも対応させたWebサイトを作る必要があります。

スマートフォンならレスポンシブデザインが有効

パソコンでもスマートフォンでも両方に適したレイアウトを作成する方法があります。それはレスポンシブデザインです。このレスポンシブデザインとは、画面のサイズに合わせてレイアウトや文字のサイズを変更することができます。そのためユーザーの持っている様々なパソコンやスマートフォンのデバイスに対応することができます。レイアウト情報を作る場合は「スタイルシート」と言う言語を使って作成します。例えば横幅が500px以下なら文字のサイズは大きめにして、縦に長く作るようにして、500px以上なら文字のサイズを小さくし、横の列を2つにするなど、横幅に応じて細かいレイアウトの変更をすることができます。今はスマートフォンのWebサイトを作るならレスポンシブで作るのが一般的となっています。

スマホサイトとは、スマートフォンから快適に閲覧できるようデザインされたサイトのことです。スマートフォン普及によりスマートフォンの画面サイズに合わせたサイトや見やすいデザインのサイトが増えています。