パソコン用?スマートフォン用?作成すべきなのは両方に対応するWebサイト!

パソコンとスマートフォンにしっかりと対応しよう

20インチや30インチなどの大型のモニターを利用できるパソコンと、片手に収まるサイズのスマートフォンでは、快適に見られるWebサイトのサイズはかなり違います。そのため、パソコンに合わせてWebサイトを作成してしまうと、スマートフォンでは見てもらえない可能性があるので気をつけましょう。
もちろん、だからといってスマートフォン用のWebサイトだけを作ることを考えてはいけません。現在では、両方に対応したWebサイトが主流になっていますので、どちらの機器でアクセスしたとしても問題なく見られるようにしましょう。

スマートフォン用のWebサイトを作るには

パソコン用のWebサイトを作成するための情報はたくさんありますが、スマートフォン用を作るための情報は少ないといえます。もしも、スマートフォン用のWebサイトを用意したいと考えるなら、パソコン用を変換してくれるソフトウェアを使ったほうがよいでしょう。両方を別々に作成するというのはとても手間がかかりますので、片方作れば、もう一方も自動で作成してくれるソフトウェアを活用したほうが便利です。
なお、パソコンとスマートフォンのどちらでアクセスしたのかを感知して、最適なWebサイトに移動できるように設定するソフトウェアもあります。考えていたサイズのWebサイトと違った場合は、すぐに離脱されてしまう可能性があるでしょう。そのため、事前に正しく振り分けてくれるのは、訪問者を増やすという意味でもとても重要な機能です。

スマートフォンWebサイト制作はパソコン用Webサイトと基本的に同じですが、画面の大きさとデータ量に気をつけると見やすくなるのでおすすめです。